【レビュー】CyberLink PhotoDirector(フォトレタッチソフト)ちょっと試してみたら、シンプル操作で優秀【手間抜きPhotoshop品質?】

ほとんどのソフトはフリーウェアを使用していますが、こちらの機能はすごい!と思ったので、レビューします。

PhotoDirector 365 は、直感操作で本格的な管理、補正、加工ができる、豊富なプレミアムコンテンツ搭載の写真…

今日のターゲットは、CyberLink PhotoDirectorです。

CyberLinkの製品は、安くて比較的シンプルなので、PowerDirector365を使用しています。

YouTube動画もこちらを使用していますが、レベルが低すぎてネガキャンになりかねないので 汗 

そこまで強調していませんが、、、

とりあえずそれはさておき、PhotoDirector365を購入して使ってみたのですが、なかなかの優れものなので、紹介します。

まだ色々試している最中で、全ての機能を使っているわけではないので、今回は2つの機能のみ紹介。

また勉強が進んだら、続編記事書く予定。

AI 技術による空の置き換え機能

大阪の万博記念公園ですが、ちょっと雲が・・・

↓↓↓

うつってはいけない部分を消去

静岡の三保の松原で撮った写真ですが、自分の影と遠くに人が入ってしまい、失敗作。

でも。このツールを使って補正。

消したい場所を囲って、【適用】ボタンをクリック。

これだけで完了。

見事に影も遠くの人も一瞬で消えました。

それも、よくフォトレタッチソフトであるような不自然な塗りつぶしではなく、自然に。。。。

たぶん、こういった補正PhotoShopでも、できると思うんですよね。

かなりの時間とプロ並みのスキルがあれば・・・。

でも、これは誰でも簡単に枠で囲って【適用】ボタンクリックのみ。

調子に乗ってもう少しややこしそうなの・・・

枠で囲って【適用】ボタン

AIで消す範囲内のオブジェクトを自動判別して、周囲の色彩を自動判別して、、、

とか、色々難しい理屈があるようですが、難しい事を考えず、とりあえず消せるわけです。。。。

この品質、なかなか優れもの。

おまけ

雲にアニメーションを入れてみました。

余談ですが、画像データにはデジタル透かしが入っています。

目にみえないので気づいていない人多いと思いますが。このソフトからは見えます。

かなり細かく指紋が残っているので、サイトからの画像パクりは止めましょう。

すぐに著作権法違反が分かります。

心当たりのある方はご注意を。

ITエンジニアの独り言 IT系フリーランス~デジタルマーケティング~社内SE(何でも屋?)~秋葉原パソコン販売員 幅広い経験を元にIT/ネット関連の話を幅広く綴ったブログです

下の記事では音楽著作権について書きましたが、 写真等の素材にも要注意です。 なかなか、裁判に発展する事は少ないですが、ク…

他の機能も色々触って、また記事にします。

それにしても、最近の画像加工はすごい・・・心霊写真のテレビ番組なくなったのも納得。

対して技術なくても、簡単に画像加工できますし・・・

静止画だけじゃなく動画の加工も簡単♪