デジタル化は目的ではなく手段│ITエンジニアの独り言

デジタル化は目的ではなく手段

https://news.yahoo.co.jp/articles/2c72be9f4524586d5c0483a260fe38cc9a9ae1fd

「5年も!?」と思う人多そうですが、どこまでやるかによって期間は変わるんですよね。

今のDXもそうですが、ちょっと感じること。

「デジタル化は目的じゃなく手段」

今の業務のやり方にあわせて、無理にデジタル化することではなく、デジタル化の効果が発揮出来るように業務のやり方を根本的に見直すのがいいですけどね。ERP導入の話みたいですね。

目的はBPR(業務改革),デジタル化はBPRを進めるための手段。。。

https://workit.vaio.com/i-bpr/

今まで経験してきた中で、ちょっと違うな、と感じたこと。

承認システム、、、システムを作り込んで、すごいシステム化されてましたが、最後の最後でデータベースに入っているデータをちまちまコピペや手打ちして人手でExcelに転記。

そうしないと印刷して上の人の承認の印鑑もらえない 

そして、紙に印鑑押してもらわないとその先の業務がすすまないような社内規定になっているとか。。業務のやり方を変えずに無理にデジタル化を進めた例。

デジタル化は進んだけど、結果的に業務が非効率になったとか。当初の目的は効率を良くするで、デジタル化進めて業務効率悪くなったら本末転倒ですからね。

表面的にはデジタル化が進んだと誤解されがちです。でも内部からは仕事がやりづらくなったと非難囂々だったりします。

業務のやり方まで根本的に見直すなら、5年が適切かは何とも言えませんが、そこまで手をつけるならある程度時間がかかるかと・・・。

そういう仕事は、発注先丸投げで外部のシステム屋さんには無理。

中の人が先導しないと。。。

泥臭いけど、一つ一つの部署のキーパーソン仲良くして懐柔して押さえて、各部署ごとに推進担当者選出してもらって業務改善に誘導させて。。。社内政治の世界。

そして白羽の矢が立つのは、、、汗 社内SEあるあるですね。

デスマのない社内SEに憧れを持つSEの人 これが現実です(^^;

でもそれ以外あまりいないんですよね。「システム」と「業務」両方分かりそうな人。

そういった仕事にあっているかどうか・・・。

 

クリックありがとうございますmOm
にほんブログ村 ブログブログ ブログアクセスアップへ