怖いくらいよく当たるスマホアプリ アキネーター(アキネイター)の仕組み│ITエンジニアの独り言

怖いくらいよく当たるスマホアプリ アキネーター(アキネイター)の仕組み

前からすごいと思っていた akinator

2011年頃はやったアプリだから、最近スマホを持った人は存在を知らないかも、しれません。

この動画をみて久々にやってみました。

youtu.be

つい気になってやってみたら、やっぱり当たった。

昔と変わらず、能力は建材。

なんでこんなに見事に当たるの?

と思って、あちこちのwebで調べてみました。

それほど気になるほど、よく当たるんです。

だまされたと思って試してみて下さい。

無料アプリなので。


ダウンロードリンク貼ろうと検索したらWeb版もできたんですね

ペタッ

https://jp.akinator.mobi/

調べた結果

・サーバー側であらかじめ、あらゆるデータは登録していない

・ユーザーがプレイした結果をどんどん蓄積して、ユーザーたちがデータベースを

作り上げている。いわゆるディープラーニング

過去の蓄積データを見て次の一手を予測するのはAI≒ディープラーニング

得意技ですからね。

・よって登場したばかりの人物や一般的に知名度が低く、プレイデータの蓄積が

少ないものは弱い。

・反対によくプレイされていて、データ蓄積が多い名前には強い。

こういう仕組みみたいです。

とりあえずよく言われている AI,ディープラーニングという物の一端は、上をプレイすればイメージつかめるかなと思います。

細かい説明で

はて?

と思ったあなた。

一度プレイするとこの記事の意味わかると思いますよ。

本当に超能力のあるアプリと感じますよ。 

試したらWebとアプリ挙動と精度が違うみたい。

Webは大幅に精度低いような ディープラーニングの学習データベース?、

アプリ版と別なのかな。

App storeGoogle Playからダウンロードするといいです。

アプリ版の方が断然いいです。

「ぽちっと」
投票お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

読者登録をすると新着記事、メール通知が届きます。
ITエンジニアの独り言 - にほんブログ村

amazon DX EC Google GoToイート InternetExplorer iPhone IT全般 PlayStation SEO SNS Webサービス WordPress Yahoo! YouTube アーカイブ アクセスアップ アフィリエイト インターネット広告 オンライン会議 お知らせ ゲーム コンサル スマホ デジタルマーケティング デリバリー テレワーク パソコン ブログ ブロックチェーン マイナンバー メール 人件費 就職 新型コロナウイルス 社内SE 著作権 行政 開発 雑誌