GoToイート食事券発券してきました│ITエンジニアの独り言 IT系フリーランス~デジタルマーケティング~社内SE(何でも屋?)~秋葉原パソコン販売員 幅広い経験を元にIT/ネット関連の話を幅広く綴ったブログです

GoToイート食事券発券してきました

1セット10000円で12500円分食事券

2セット買いました。

食事券の販売、運用方法は都道府県によって違うようです。

ちなみに東京都はまだ販売始まっていないみたいです。

11/20~ 販売開始のようです。

https://r.gnavi.co.jp/plan/campaign/gotoeat-tokyo/

販売方法はまだ発表されていませんが、道府県により販売方法が全く違うので必ず公式HPで確認してください。

ちなみに千葉県はLINEで購入のようです。埼玉県と地理は近いですが、方法が全く違います。

 

埼玉県は食事券はネット先着順予約(郵便予約もあるようです。)ファミマ発券です。

どこかの新聞記事で日本全国コンビニに統一しろ!というのも見ましたが、首都圏ではそれでいいかもしれませんが、例えば北海道道東に行くとこういう看板普通にあるくらいですからね。

ちなみに北海道はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートは少なく、ほとんどがこれです。

短期の準備期間で全国津々浦々把握するの誰がやっても不可能ですから、都道府県ごとに運用任せるのが現実的と思います。

ちなみにそんな北海道の食事券販売窓口は金融機関窓口(郵便局?) 他 のようです。

 

gotoトラベルでもコロナの状況次第で臨機応変に運用は都道府県ごとに決められるようにしろとみんな言っていましたし、私もそう思いますが、多少混乱するかもしれませんが、そうすると都道府県ごとにやり方が違うのも仕方ないのかなと思います。

混乱する人が多いと思うので簡単に説明。

・ネット予約

・食事券販売

の2種類あります。

 

ネット予約は以下のグルメサイト経由で予約すると、GoToイートポイントが利用者一人あたりランチ500円分、ディナー1000円分たまります。もちろん事前予約が必要です。

全部の飲食店で使えるわけではありません。

このポイントは次回以降使えて、有効期限はポイント付与より60日以内ですYahooロコの場合食事券とは有効期限違うのでご注意ください。各グルメサイトの注意文をご確認ください。)

ポイント対象の予約サイト
ぐるなび | 食べログ | ホットペッパーグルメ | Yahoo!ロコ | 一休.com | オズモール | Rettyグルメ | EPARKグルメ | auコマース&ライフ株式会社 | ヒトサラ | JPNEAZY | 表示灯株式会社

食事券は商品券と同じように使えて、あらかじめ食事券を買ってあれば予約不要で、即日から安くなります。割引率は25%です。

おつりは出ないようです。全ての飲食店で使えると限りませんが前者より使えるところが多いようです。

使いやすいですが、食事券販売は争奪戦で(都市部の場合)なかなか買うのは大変なようです。

食事券の有効期限は2021/3(埼玉県の場合 他の都道府県は分かりません。)です。


どちらも一長一短なので、どちらが得かは何とも言えません。

詳しくはこちらです。

https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/hoseigoto.html

 

何はともあれ、GoToイートキャンペーンもGoToトラベルと同じく、ずっと続くわけではないから、これを起爆剤として、感染拡大防止と経済のバランスすごく難しいところですが、うまく行って欲しいものです。

とりあえず基準は厳しいですが,安心して食事に行けるようにこれが定着して欲しいものです。

 

https://saitama-goto-eat.com/store.html

GoToイートが使えるかどうか飲食店にとっては死活問題ですからね。経済効果だけでなく、感染拡大防止にもこのキャンペーン役立っている気がします。キャンペーン終わったあとも厳しい基準どの店もそのまま続けると期待したいです。そうなればGoToイート使えた店→感染対策がしっかりしていて安心して使える店 になりますからね。

キャンペーンの間だけ良くなるのではなく、キャンペーン終わったあとも、お客さんの安心感が定着して客足戻って欲しいものです。(←ここ重要)

予算は有限。補助金=キャンペーンが永久に続ないと飲食店が生きていけないからやめるにやめられないではなく、起爆剤=客足が戻るきっかけですから。GoToトラベルも同じことが言えますが。

当初はどちらのキャンペーンも経済だけ考えて、感染拡大させる気か! という批判の声もありましたが、参加事業者のコロナ感染拡大防止策の基準を厳しくした結果、その懸念をひっくり返してコロナ押さえ込みにも役立つキャンペーンとなって欲しいと思います。コロナ対策が厳しい飲食店を優先して使うことによりコロナ押さえ込みに微力ながら貢献出来るのかなと思っています。

日本のコロナ対策のやり方がうまく行くと世界中が感じて、日本の真似するくらいにうまく行って欲しいですね。

ちなみに基準はリンク先

https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/attach/kansenshoutaisaku.pdf

リーマン旅ちゃんねる 国内43都道府県、海外44カ国周遊した経験から国内~海外様々な話題を記したブログです

制度がややこしいので頭が混乱している人多いと思いますが、 最初に、GoToEatキャンペーンとGoToトラベルキャンペー…

>感染防止対策を取らないと罰則を与えますとやるより、感染防止対策に協力してくれたところは優遇します。 とやった方が、素直に協力してくれるところが多い気がします。消費者もお得な店を選ぶようになれば、批判もあまりされず多くのお店は自主的に対策するでしょうし

 

最新情報をチェックしよう!
>お問い合わせ/お仕事依頼

お問い合わせ/お仕事依頼

「お問い合わせ/お仕事依頼」フォームよりお気軽にどうぞ!