お悩み相談:テレワークの導入が進まない│ITエンジニアの独り言 IT系フリーランス~デジタルマーケティング~社内SE(何でも屋?)~秋葉原パソコン販売員 幅広い経験を元にIT/ネット関連の話を幅広く綴ったブログです

お悩み相談:テレワークの導入が進まない

一点ご相談があります。

総務部勤務ですが、昨今の状況から、会社よりテレワークを進めるように
言われていますが、思うように進みません。
どのように進めれば良いのかアドバイスをいただければ助かります。
~以下略~

いつもは公開形式はやっていませんが、たぶん、同じ事悩んでいる会社多そう&コロナの状況は今は危機的な状況だと思うので。

Googleのサジェストキーワードを見ていると、どういう記事が求められているか見えてきますね。

テレワーク助成金
テレワークとは
テレワーク コロナ
テレワーク 定期代
テレワーク なぜ進まない
テレワーク 普及率 2020
テレワーク 無理
テレワーク 向いていない業務
テレワーク 向いている業務
テレワーク 電気代
テレワーク 導入率 コロナ
テレワーク 導入事例
テレワーク ブログ
テレワーク 実施率 推移
テレワーク メリット デメリット
テレワーク やる気でない
テレワーク 腰痛

A.多くの会社が勘違いしていると思いますが、IT技術を導入するだけで、解決出来る簡単な問題でもなく、何も業務の進め方を変えずに、ただテレワークを進めろ!と社内に強制するだけではうまく行きません。
ちょっと前に時短とか言って、強制的に残業禁止とかやった会社は少なくないですが、表向きそれを達成出来たとみせるだけで、持ち帰りサービス残業が増えただけで何も問題解決になっていません。
(ジタハラ)

テレワークも時短もそうですが、ただ言えばいい、ITシステム(RPA等)を導入すれば、全て解決と考えるのは、安易な考えだと思います。やってますという外向けのポーズ程度にしかなりません。
でもそれでは、本質を見ずに周りの流行に流され現場の不満が高まるだけです。

RPAでその人の業務は半分になった。けれどもRPAをうまく動かすための設定要員2人+導入コストに加えて維持コストが大きな負担になった。年間100万円の人件費は削れたけど、RPAの保守費用年間1000万円になりました

のような本末転倒な事例が多そうですね。

これについて触れた過去記事

ITエンジニアの独り言 IT系フリーランス~デジタルマーケティング~社内SE(何でも屋?)~秋葉原パソコン販売員 幅広い経験を元にIT/ネット関連の話を幅広く綴ったブログです

https://news.yahoo.co.jp/articles/2c72be9f4524586d5c0483a260…

思っていても、言い出せない人が多いこと。

「RPA=マクロ、AI=大部分はif文~ 一部を除いて大半は単なる条件分岐で一部本当のAI技術を除いて昔からある物を言い方変えただけの物が多くて何も目新しい物ないから、導入しても業務効率化するか?というと余分なコストがかかるだけ」

と業務は変えずにシステムだけ導入という風潮は、冷めた目で懐疑的に見ていますけどね。

 

この場合、テレワークを進めるには業務を変えるところまで切り込む必要があります。

根本的にその業務、本当に必要? というところまで。

(昔からの惰性で必要性は薄いにも関わらず何となく続けている業務もあるかもしれません。そういうものに限って大金をかけてIT化しがち。会社員時代見てきた経験から)

例えば全業務のうちの4割、テレワークにそぐわない業務がある職種ならば、4割もあるなら
テレワークは無理な職種だね、という発想ではなく、4割ならば1週間週5日勤務と考えれば週2日。
週3日はテレワークで週2日だけ出社して集中して会社にいる時しかできない業務をやる日と業務を変えればいいです。
例えば毎週 火、金 だけ出社するだけで仕事が回るように業務の進め方を変えればいいわけです。そこまで(BPRまで)切り込むことが大切だと思っています。

そして大部分がテレワークになれば、一人一人のデスクを減らして、全社員の席をフリーアドレスにすれば
単純計算で言えば4割オフィスの面積(スペース)を減らせます。固定費の大部分を占めるオフィスの賃貸料も削減出来ます。もちろんデスクの数、椅子の数も削減出来ます。

自分のデスクがないと何かと不便! という声も出そうですが、私物を入れる個人個人のロッカーを用意するのと同時に机の中に入れている文房具は、1人1つではなく、各島?ごとに共有文房具を置く場所を設置すればいいと思います。

オフィスカイゼン委員会

引き出しの中に、あまり使わない文具が入っていませんか?…

コクヨ(株)ファニチャー事業本部 オフィスカイゼン委員会 共用文具より引用

こういったIT以外の部分をまず考えて、それを元にして必要なITシステムとは?を考えればいいと思います。

また、テレワークのかけ声をかけても、社員にメリットがなければなかなか積極的に取り組んでもらえない可能性があります。そこで、テレワークで浮いた会社負担の通勤費(定期代)を、社員個人に「テレワーク手当」のような項目のインセンティブを設けて、通信費、電気代相当を出してあげるのも良いかと思います。