派遣のヘルプデスクからたった10年で役員へ。超高速スピード出世の秘密 <意外とよく見た話。社内SE職種の中でもヘルプデスクは大穴│ITエンジニアの独り言 IT系フリーランス~デジタルマーケティング~社内SE(何でも屋?)~秋葉原パソコン販売員 幅広い経験を元にIT/ネット関連の話を幅広く綴ったブログです

派遣のヘルプデスクからたった10年で役員へ。超高速スピード出世の秘密 <意外とよく見た話。社内SE職種の中でもヘルプデスクは大穴

ダイヤモンド・オンライン

四大を出たわけでもない、コネもない、資格もない青年が、派遣社員として大企業に入社した。職種は、社員のコンピュータの不具合…

「ヘルプデスクの派遣から出世」あり得ない話で、超レアケースと思う人が多いと思いますが、、何社か見ましたが、大げさとか夢物語ではないと思います。

実際、元○○カメラの店員がヘルプデスクの派遣で会社に入って出世して・・・アメリカンドリームさながらの人も見ました。元メイドカフェ店員がヘルプデスク派遣から、、、という例も見たことが、、、(人間関係作る=人間心理を読むのが天才的にうまかった・・・)

正直ヘルプデスクは雑用的な仕事も多いので、エンジニアからは、それほど評価はされないこともありますが、実はかなりの穴場です。

よく勘違いされることが多いですが、企業によってですが、社内SEの中でも

・自社システムのプログラマー(アプリケーションエンジニア)

・自社ネットワークのネットワークエンジニア

・自社のセキュリティエンジニア

・自社システムのデータベースエンジニア

・自社システムのサーバーエンジニア(含むActive Directoryやメールサーバー等)

・社内ヘルプデスク

と分かれていることもあります。(おおまかにこんな分類でしょうか)分かれていないか、IT関係のプロジェクトチームの場合、「何でも屋」となる事があります。(ちなみに私は後者の何でも屋)

*余談ですがここを会社側は社内SEがさらに細分化されているという事を理解しないで「社内SEなら誰でもいい」と、採用ミスをするという話も時々聞きます。個人的にはそれは採用ミスした会社側の落ち度だと思います。ネットワークエンジニアと職務経歴書に明記して、面接でもネットワークエンジニアとはっきり言っていたのに、プログラムが書けないなんて、話が違う!経歴詐称だ!と責め立てていたようです。これはさすがに・・・。人事部採用側もおおまかな知識を持つか、IT知識を持つ人の助言が必要だともいます。デジタルと今まで縁のなかった企業が○○エンジニアと聞いて、適切な採用、採用後の人材配置が適切にできるとは到底思えません。IT企業でさえ人事部は細かいことが分からないので面接の初期段階から現場エンジニア同席は普通です。分かる人がいないと人事部も判断はとてもできません。

 

社内デジタル化を急げと焦っている企業が多いと思いますが、焦ってばかりで内容をよく分かっていないとミスマッチが多発するので注意が必要だと思っています。

SESや社外対象のSEは体力的にキツい!社内SEまったりしていていいな、と思う人は「社内の~」を探してみるといいかもしれません。「肉体的」には楽になることが多いですが。「精神的」には関連記事の通り。

ただ、基本欠員補充程度なのであまり募集はありませんが。。。

これは意識しておいた方がいいです。↓

お客様が社外 のSE 会社の利益を稼いでくる部門

社内SE 人事部や経理部と同様の間接部門扱い うまい立ち回り方も、間接部門寄り。

 

今まで見た感じ、どこの会社も社内SEはいわゆる「デスマーチ」はそれほど見なかったです。

(サーバー入れ替え、深夜作業。OSアップデート週末集中作業があったくらいでしょうか)

社内SE「何でも屋」としてヘルプデスクの派遣の人たちを見ていたことがあります。

その経験から、件名の理由も以下に書いてみました。

社内人脈がものすごく広がる

事業部門はどんなにがんばっても自部門の中や、いいところ、自部門の部門長にしか、人脈は広がりません。

横のつながりは広がりづらく、人事部や経営戦略的な部署(キーとなる部署)と接点は持てません。

しかし、ちょっとパソコンの調子悪いから見に来て! と平気で、それら部署に呼ばれることもあります。

時には部長クラスから呼ばれることも、、、、。

上の人はしがらみがあるから、自部署内の人には本音がなかなか言えないんでしょう。

でもヘルプデスクとしていくと部外者ということで、いろいろ本音ベースで言ってもらえることもありますし、それに対して、個人的な意見を言えることもあります。

旅行に行ったときなぜか、お土産で、人事部の人たちにも配ったこともあります。

人事部の人に名前を覚えてもらうと何かあれば指名されるようになります。

そこから、人脈がさらに広がったり。。。

経営トップ層に簡単に近づける

これも上と同じ理由です。

役員(含む社長)といった上の人に同じように「ちょっとパソコン見て!」と平気で役員室や社長室に呼ばれることもあります。一般社員では常識的にそんなことはあり得ないことです。

壊れた(一部セクタが壊れた)HDDの中に重要データが入っていたらしく、秋葉原に作業に必要なパーツ買い出しをして、サルベージに成功したら、大喜びで社長、会長クラスから食事に誘ってもらえたこともあります。

(機密度の非常に高いデータだったから社外の業者に頼めなかったらしい・・・)

おまけ:こういう場合は、これみたいなものを使います。 おかしいパソコンからSATA接続HDD/SSDを引っこ抜く。

他の正常なパソコンにSATA接続するとブート時はセクターチェックが入って異常なHDDは認識されないので、正常なパソコンでOSが起動したあとにそのHDD/SSDをUSBに変換してつないで、強引にデータを引き抜く・・・。

OS起動後にHDDを認識させれば細かいセクターチェックはされないので、セクタ一不良のHDD認識される確率が高いです。

だいたいセクターが壊れるのはHDD/SSD全体でなくてその一部だけなので、その不良セクターに引っかかるデータ 一部だけ除外すればだいたい引き抜き可能。図で表すと

紫部分が不良セクターだとすると紫にかかる青部分のデータ救出だけ諦めれば、他の青は救えます。

OSが不良セクタの青部分をシークすると、その時点でOSが固まったり、HDDがまるごと認識されなくなったりするので、そこの部分だけシークしないようにファイル操作をすればOK

*ファイルを開かなくても不良セクターにあるファイルのプロパティーを見ただけで、不良セクターにシークしに行きます。

HDD故障でデータが飛んだといっても、HDDモーターやディスク全体損傷の確率は低いです。

ほとんどが一部分の不良クラスタ発生です。

一部分であればこの手順でだいたいはデータ救出可能です。

 

担当者が少ないので割と大きな仕事を任される

一人情シスまでは行かなかったですが、比較的人数が少ないので、だいたいどこの会社でも大きな仕事を任されがちです。

個人的な意見でも、それの妥当性を判断できる人がほとんどの会社でいないので、だいたい通ったりします。

例 : 上「次の全社導入パソコンどれがいいと思う?」

自分「~といった理由でA社のからといった機種がいいと思います。」

↓↓↓

A社のパソコン大量導入決定(総額数億円・・・)

・・・導入に関わる一連の作業を押しつけ任される。

本当にヘルプデスクには一発逆転のチャンスが転がっていると思います。

そのチャンスを活かすも殺すもあなた次第!

あくまでも、そういうことがあり得るという話なのでそれ目的にヘルプデスクを選ぶというのは、×

あわよくば、そういうこともあり得る くらいに軽く思っておくといいです。

関連記事

ITエンジニアの独り言 IT系フリーランス~デジタルマーケティング~社内SE(何でも屋?)~秋葉原パソコン販売員 幅広い経験を元にIT/ネット関連の話を幅広く綴ったブログです

いろいろやりましたが、この職種が一番長かったわけで。 結論を先に言うと、 社内SEは、まったりとよく羨ましがられますが、…