【悲報】 YahooJapan!はステマ広告、世論誘導協力機関に劣化、マスゴミ化させた現経営陣の罪は大きい!【信用失墜】6/21 update動画追加しました│ITエンジニアの独り言 IT系フリーランス~デジタルマーケティング~社内SE(何でも屋?)~秋葉原パソコン販売員 幅広い経験を元にIT/ネット関連の話を幅広く綴ったブログです

【悲報】 YahooJapan!はステマ広告、世論誘導協力機関に劣化、マスゴミ化させた現経営陣の罪は大きい!【信用失墜】6/21 update動画追加しました

追記6/21

ブログ記事を簡単に動画にまとめました。

 

前経営陣の頃は権力にしっぽふることなく好感持てたのですが今の経営者は
┓(´д`;)┏ダメダコリャ

 

https://japan.cnet.com/article/35113622/

ヤフー社長交代、川邊健太郎氏が就任へ–「データの会社」目指す
2018年01月24

 

前社長は、東京都の副知事になったようですが、国への発言力もあるので、このまま日本全体を良い方向に舵取りすることを期待したいです。

ゲンダイネット

「スマホ時代の覇者になる」。遠大な目標を掲げて宮坂学(45)が社長になったのは2012年6月だ。スピードを重視する経営の…

 

https://japan.cnet.com/article/35068103/

「Yahoo!ニュース」からステマ記事排除へ、悪質事業者には法的措置も–ヤフー声明
2015年07月30日

 

https://webtan.impress.co.jp/e/2016/09/06/23731

ステマの営業を受けた広告主さん、Yahoo!ニュースではステマ情報のタレコミを募集中です!

2016/9/6 11:00

目次

こんな頼もしい時代もありましたが、今は経営陣が代わり超絶劣化。

ヤフーニュースは、やまもといちろう氏の記事「全削除」の理由を説明してほしい

https://news.yahoo.co.jp/byline/okadayuka/20210325-00229179/

 >私は、「Yahoo!ニュース個人」がスタートした2012年から、書き手として参加しています。立ち上げ時に当時の編集部を取材し、Yahoo!ニュース個人の狙いについて聞いた記事をITmediaに執筆しました。その場で聞いた、「個人の活動を支援する場を作る」というメッセージに共感し、参加を決めました。あれから9年間、Web専業記者の立場から、いろいろなジャンル記事を、Yahoo!ニュース個人に書いてきました。ただここ2年ほどは、私が書いた記事についてヤフーからクレームが入ることが多く、悩むことも増えました。(クレームの内容は「記事が短すぎる」「専門性が低い」などです。過去には問題とされなかったことが、最近になって問題視され、クレームが入るようになりました)

 

2018年1月24日を境にそれまで度量のあったヤフーニュースが超絶劣化しました。

削除の一番大きな理由 公開

 

○○○D社ではない左翼系広告代理店。この件に限らず、各種ステマの首謀者はD社とデマが流れていますがえん罪です)が○などのPRでステルスマーケティングを展開山本一郎 | 個人投資家

ここにきて、ステマの重大事項として浮かび上がるのは、広告代理店の使う「ヤフー掲載保証」という文言です。入手した営業メールにはたいてい「ヤフートピックス掲載保証で一本60万円から」というステマ営業の具体的文句が入っており、中には「連載企画として、6ヶ月間で2,000万円からのヤフー枠をご提供できると思います」などの内容が含まれております。これは、ヤフーニュース、とりわけヤフートピックスやネタりかにステマ記事が掲載されると、それだけクライアントの商品やサービスを訴求でき~略

ここにはURL張りませんが、削除された記事きちんとアーカイブ保存しています。

実際に意識しながら読んでいると、ここ二年、ステマ、世論誘導ヤフーニュースが激増したとすぐ分かります。

詳しいことはよく分かりませんが、景表法?で公正取引委員会は、ヤフーと某広告代理店に調査に踏み込めないものでしょうか?

ステマ広告を排除して、業界を健全化しようとする人への口封じが一番の大きな理由だったんですよね。

あと、ヤフコメには世論誘導を目的としたある会社が動員しているネット工作員が多数います。
それも排除する仕組みを考えてほしいです。関係者はどこの会社の事か分かりますよね?
ヤフコメ欄は左翼系組織による組織的世論誘導の温床になっており公正なものと程遠くなっています。

あとヤフー掲示板からある会社に不利な書き込み削除などヤフー側がある企業に積極協力する事は止めるよう前向き検討してほしいです

あと検索候補に電通と入力すると悪口がでるように。博報堂の検索候補キーワードはいいことしかでないように博報堂と現経営陣が協力して世論誘導工作もしてましたっけ。

パイロットなんか誰がやっても同じと思われがちですが、飛行機に例えればどんな性能のいい飛行機でも、パイロットの腕前次第で大きく変わることあるんですよね。。。

何もなければ自動操縦で飛びますが、イレギュラー、今回の不祥事発覚のような、危機管理はパイロットの真価が試されます。

電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)|ボロボロになった取材ノートは語る

 クリント・イーストウッドの映画なら、まずもってほとんどは観ている。これだけ当たりはずれのない監督も珍しい。90歳を迎え…

 

新聞、テレビを「マスゴミ」と呼び多くの人が蔑視し、信用されないメディアになってしまいましたが、現経営陣の責任で、ヤフージャパンもマスゴミの仲間入りしてしまったのは株主としては残念ですね。

完全に今の経営者はユーザーを無視しており、ユーザーを自己保身のための養分としか考えていませんね。

 

今後ユーザーや株主などからの退陣要求が強まることが必至ですが、現経営陣はどのような着地点を見いだすのでしょうか?

ネット界(世間一般!?)を揺るがす大不祥事だけに注目していきたいところです。

世間はいい社長と勘違いしているんですよね。

ネット上であちこちで見かけた社内の口コミ

周囲はみんな、口をそろえて社長が替わってか酷くなった、といっている」

でも不思議と、ネットからはそういうネガティブな書き込みが一掃されて、
前社長の悪口、現社長の賛美だらけ。

ネット工作員でしょうね・・・。典型的な現経営陣による世論誘導。

 

 

ソフトバンクグループ、Zホールディングスの株主より

<要求事項>

・現Zホールディングス経営陣総退陣

・ステマ共犯の某広告代理店(D社ではない)との合弁会社の解消

https://www.handy-marketing.co.jp/

・ステマ共犯広告代理店及び関連会社との今後の取引一切禁止(ステマ広告との今後一切の決別)

・一連のステマ広告問題に関する第三者委員会による調査着手及び調査結果公表

・再発防止策の策定

・河邊健太郎氏のソフトバンク役員からの解任

https://www.softbank.jp/corp/aboutus/officer/

次回、株主総会で現経営陣を厳しく追及予定ですが、他からも強力な圧力をかけて欲しいところですけどね。。。。

この広告代理店は中国政府の息がかかっています。

日本全体への影響力が大きい巨大ネットメディア、ヤフーとこの広告代理店が接近するのは日本の国益にも大きなリスクがあるので日本政府(公安?)も本腰を入れてこの問題に介入すべきと考えます。

このニュースが何を意味するのか関係者はよく考えて下さい。

日本経済新聞

博報堂は中国共産党の機関紙、人民日報のニュースサイト運営会社である人民網と月内に業務提携する。日本企業の中国での事業活動…

アーカイブ

http://archive.today/2021.06.22-004648/https://www.nikkei.com/article/DGXNASDD020QK_S3A001C1000000/

少し前まで、武漢研究所からのコロナウイルス流出説を日本の報道機関はこぞって必死に否定していて、最近、海外ニュースを抑えきれないで、報道し始めたの不自然に思いませんか?

余談

内容が中国にダダ漏れのclubhouseステマの司令塔もここの広告代理店でした。

ITエンジニアの独り言 IT系フリーランス~デジタルマーケティング~社内SE(何でも屋?)~秋葉原パソコン販売員 幅広い経験を元にIT/ネット関連の話を幅広く綴ったブログです

2021/3/31 追記 このニュースネットニュースや海外メディアではきちんとあちこちに取り上げられているんですよね。 …

危険と分かっていたから、ステマ火消しに躍起でしたが。。。

とりあえず火消しに成功してホッとしています。

 

最近のすさまじい電通バッシング、政権バッシングのいわゆるマスゴミ報道の世論誘導主導者の広告代理店はここでした。

世間から忌み嫌われている昔から長く続いているマスゴミ報道の影の司令塔はここの広告代理店です。(中国共産党が糸を引いている?)

 

てきとう

1 :のこぎる ◆sssNoKo/Bo :2012/01/16(月) 22:34:12.61 ID:uvrW20/t0 …

アーカイブ

http://archive.today/2021.02.13-041600/http://blog.livedoor.jp/googleyoutube/archives/51735342.html

 

 

参考

https://archive.ph/2021.06.21-070428/https://ironna.jp/article/2479?p=1

ステマ問題は燻るネット規制の口実になってしまうのか

https://archive.ph/xKA62#selection-287.0-291.27

日本のウェブメディア「ステルスマーケティング」事情「何かをお奨めする中立的なはずの記事」が広告だったとき

>「ヤフーニュース掲載保証60万円」

コラムの最新記事8件