【みんな勘違いしている】期待先行間違いだらけの5G / 6Gモバイル通信【5G意味ない?】│ITエンジニアの独り言 IT系フリーランス~デジタルマーケティング~社内SE(何でも屋?)~秋葉原パソコン販売員 幅広い経験を元にIT/ネット関連の話を幅広く綴ったブログです

【みんな勘違いしている】期待先行間違いだらけの5G / 6Gモバイル通信【5G意味ない?】

これ、、、影響範囲が大きいことなので書こうかどうか迷いましたが、誰かが言わないと日本全体の投資(税金等、国民負担)が無駄につながる&パニックに陥る・・・と思ったので書きますね。

たぶん、このまま突き進むと数年後、こんなはずでは・・・とみんな顔が青ざめるのは必至でしょう。

たぶん、新聞や雑誌などにこれ書いたら大人の事情で記事が落ちるでしょうね。

ネット上みてもここまで切り込んだ記事は少ないですね。

でも単なる煽り記事ではありません。

関係者は、技術が分かる人にこの記事を読んでもらい確認してください。

 

 

このこと、技術的に矛盾があると誰も気づいていないのか、はたまた、仮に気づいた人がいても事の大きさ故、今さら事実を言いづらい雰囲気と思って黙っている人が多いのか、分からないですが・・・

立場ある人は、言えないかもしれませんが、どこの組織にも属していない=利害関係の一切ない一ブロガーなので自由にものが言えるので。。。

通信機器メーカー/キャリアのエンジニアは今の5Gブームはおかしい!と気づいている人いるかもしれませんが、本当の事を言うと所属組織と利益相反になるので言いづらいかもしれませんね。

 

 

結構、多くの人が5G/6Gに関して誤解をしていると思います。

 

何のために5G/6Gを進めてるの?

普及させることばかり考えて目的みんな忘れてない?

5G / 6Gのメリットは主に以下のように言われています。技術をあまりよく分かっていないマスコミがやたらあおり立てているものですが、ほとんど詐欺レベルですね。

その詐欺に多くの人が、乗せられて、踊らされています。

一個づつ検証

超高速・大容量通信が可能に

通信回線の問題

確かに、5G/6Gの無線技術自体は高度です。でも技術力追求に走りすぎてユーザーニーズとズレています。

途中経路に通常最大速度100Mbps.~1GBbps.の光ファイバーでつながっているインターネット回線が挟まっているので、末端がどれだけ早くても100Mbps.~1Gbps.で頭打ちになります。

両端だけ早くてもデータ通信速度は速くなりません。

例えていえば家の近くの短距離だけ高速道路があっても、途中経路のほとんどが渋滞だらけの一般道では、ほとんど時間短縮効果はないと言うことです。

ストレージの問題

例えば現在開発中の6Gは理論上の通信速度は、100Gbps.~1000Gbps. (1TB)といわれています。

しかし、通信回線がどれだけ速くても、サーバー側のストレージ速度は

これだけ。

1MB/s⇒8Mbps.

です。

ストレージ速度は技術革新で少しづつ増えることはあっても、いきなり、100倍に増えると言うことは考えづらいですね。

速度に関しては無線通信速度は圧倒的にオーバースペックと言えます。

 

通信速度が速くなると

4Kの2時間映画を3秒でダウンロード可能

よくこのような例が出ていますが、99%の動画コンテンツは現在はダウンロードではなく、ストリーミングです。

20年前は、Napsterなどダウンロードコンテンツ全盛だったのでその時代ならいざ知らず、今の時代にコンテンツをいちいちダウンロードして楽しむ人はほぼいないでしょう。

YouTube, Amazon Prime,Netflixなどはストリーミングですね。

ストリーミングなら4K動画でも20Mbps.もあれば十分でしょう。

YouTube の動画を視聴するには、最新のバージョンのブラウザ、オペレーティング システムを使用し、インターネット接続…

【docomo 5G】「瞬速5G」の特徴やポイントを説明します。…

ドコモの公式資料でも、5Gは最大4.1Gbps.(4100M)と謳っていますから、4Kを快適に見るのに必要な205倍

ものオーバースペックをユーザー、関連業界、行政とも騙されて無駄金を使わされていたわけです。

ユーザー及び関係者は、5G速い報道で世論を煽って詐欺商法を進めた、マスコミに怒りの矛先を向けるべきでしょう。

一番最初に戻って、高速化の目的は何でしょう?

 

通信速度が速くなるとストリーミングといえどもバッファリング速度は速くなるという声も出るかもしれませんが、それでもインターネット回線速度/ストレージ速度で頭打ちですね。

 

超低遅延

無線部分だけに限定すれば確かにそうですが、よく言われる、遠隔医療や自動運転などは途中経路に5G/6G以外のインターネット回線を挟むので、低遅延は、インターネット回線のレスポンス速度で頭打ちですね。

あの低遅延で、自動運転、遠隔医療に使えるものか。

一般的にインターネット経路上にあるルーター(途中経由地)が多いので、遅延が大きくなります。

通信速度と遅延率は別物です。

通信速度もさることながら、遠隔医療や自動運転には低遅延性は

 

超重要です。

 

例えば、自動運転で車を制御しようとしてここを右に曲がれとサーバー側が指示を出しても車に指示が届くのに、3秒もかかったら、致命的です。指示内容によっては交通事故に直結するでしょう。

遠隔医療で手術中に操作する医師が、ナイフ等の「右」や「左」の指示を出しても、実際遠隔地のロボットに指示が届くまで、3秒のタイムラグがあったら恐ろしいと思いませんか?場合によっては命に直結することもあるでしょう。

以上の理由により、特に「遠隔医療」「自動運転」は

絶対にインターネット回線を経由すべきでない

と考えます。

思い出してみてください。ZOOMで若干タイムラグありませんか?

でもあれはそれでも低遅延で設計しててマシな方。アメリカのサーバーまで行かずにP2Pで通信しているので。

アメリカのサーバー経由だったらとても使い物にならなかったでしょう。

インターネット回線は安いですが、遅延はそんなものです。

ルーター多数経由して通信しているから、大量のデータ転送ができると低遅延というわけではありません。

 

こんな重要なことを知らずに報道 or  気づいていても知らんぷり

自分たちの金儲けしか考えないメディアには悪意さえ感じます。

こんな重要なことは絶対に言うべきです。

 

使いづらいとか言うレベルではなく、命に関わることです。

 

これは予想ですが、このデメリットで死亡事故が頻発し社会問題化し始めると、報道で煽った自分たちのことは棚に上げ、間違いなくこう言い激しいバッシングを始めるでしょう。

 

5Gを進めた政府、総務省が悪い!

 

低遅延化を実現しようとするとインターネット回線を使わずに比較的遅延の少ない企業向け専用回線を使用する必要がありますが、専用回線は非常に高価です。

コスト削減のために企業内ネットワークをインターネットVPNに切り替えるプロジェクトをしたことがあるので具体的な金額は頭の中にありますが、専用回線はインターネット回線維持コストの100~1000倍かかりますね。

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI 国内イーサネット専用サービス: 料金」(イントラネット・VPN・専用線) のご案…

それを考えると遠隔医療の導入も多くの人の期待とは大きく違い、ごく限られた環境のみになるでしょう。

5Gの効果が遠隔医療に効果があるとすれば、インターネット回線を介さずに済む同じ構内のみになるのではないでしょうか?

 

同じ構内なら日本中5Gネットワークを構築するのではなく、ピンポイントにローカル5Gを導入すればいいだけです。

 

もっとも5G挟まずLANケーブル直結の方が早い!

わざわざ5G挟んでさらにボトルネック増やす意味が分かりません。

操作をする側、される側が全て、同じ構内かつすべて5G 接続接続ならまだ分かります。

しかし途中に専用回線、インターネット回線を挟んでいるにもかかわらず、5G末端に入れたら途中経路も含めて全てが速くなる・・・物理的にそんな馬鹿な話はありえません。

多数同時接続

これはその通り。これは5Gのメリットはありますね。

IoT技術へ応用

これは上の低遅延で述べた点と同じです。

ところで「5G以外では技術的にできないIoT技術への応用」って具体的になんでしょう?

 

 

以上のことから、5G,6Gが普及してもバラ色の世界にはならないんじゃないの?と思っています。

5G、6G投資には莫大なコストがかかりますが、リターンはほんのわずか。

 

よく言われることですが5Gで使用される周波数帯域は、直進性が非常に高くビル影や、地下街などで全く使えません。

これは周波数そのものの性質なので技術革新すれば電波の飛び方が劇的に良くなるという物でもありません。

ITmedia Mobile

国内でもキャリア各社の5G商用サービスが始まったが、5Gを利用できるエリアは非常に狭い。その大きな理由は、5G向けの周波…

これは電波の技術的特性を知っている人ならば誰でも知っていることで、5Gの全国カバーなんて技術的にできっこないと冷めた目で見ています。

 

 

それこそビルなどが多い東京23区内では500m起きに1台数億円の基地局を作らなければならず、費用対効果全くあわないと思っています。

テックマガジン from FEnetインフラ | ネットワーク・サーバー・データベースなどのITインフラエンジニア向けの技術情報を中心に情報を掲載

5Gとは第5世代移動通信システムのことで、「超高速化」、「超多数同時接続」、「超低遅延」の3点が大きな特徴です。日本国内…

対処法には、DSSがありますが、4Gと同じように5Gが使えるならば、根本的に・・

じゃあ4Gのままでも良くない?

au。ドコモ、SBはきっと、5Gはやりたくない。マスコミとマスコミ報道に触発された総務省がやれやれうるさいから、仕方なく、「やってる感を出している」というのがホンネではないでしょうか。

 

それよりかは局地的なローカル5G+メッシュwifiを拡充した方が良いのではないかと思っています。

ローカル5Gとは、地域・産業のニーズに応じて地域の企業や自治体等が個別に利用できる5Gネットワークのことです。通信事業者…

エレコム株式会社 - パソコン・スマートフォン・タブレット・デジタル周辺機器メーカー
YouTube

ルーター売り場にいくと「メッシュWi-Fi」という言葉を目にします。メッシュWi-Fiって何なのか?メリットは?デメリッ…

この組み合わせなら、キャリアの5G投資への負担も軽くなり、それこそ政府が進めている料金引き下げもやりやすくなると思います。

PicoCELA-LABO -ピコセラ・ラボ -

時の政権が進める携帯通信料の値下げへの各通信キャリアへ向けられたプレッシャーは熾烈と言っても過言ではないでしょう。前回の…

5G,6Gに関しては、日本のメディアが煽りすぎなだけで海外では割と冷静に見ています。

日本のマスコミは非常にIT音痴です。ITに詳しいのではなく、知ったかぶりをしているだけです。

そんなIT音痴の考えたことを新聞/テレビで騒いで、それに乗せられ、各キャリア/行政(自治体、総務省?)も真に受けるのは間違いです。総務省は、知ったかぶりのマスコミがいっている事はガン無視した方がいいと思います。

マスコミを信用していると通信行政(IT全般も)おかしな方向行きますよ。

これを言い出すことにより数千億円?数兆円?の大規模な投資額が無駄になると思います。

でも、言わなければ?

数年後損失額は雪だるま式に今の数倍に膨らむでしょう。

だから、大きな損失額とは思いますが、このまま突き進むともっと地獄を見るだけなので傷が浅いうちに(既に浅くはないですが)、損切りをして今すぐ通信行政の方向転換をすべきです。

高い授業料になってしまいましたが、マスコミの言うことは今後一切信用しないで、IT/通信行政を進めていくべきです。

マスコミなんてこれほど信用できないものです。

 

余談ですが、技術に詳しいエンジニアが使うことの多いGoogleのサジェストキーワードです。

この記事は私個人の感想ではなく、技術分かっている人は同じように思っている人が多いという意味です。