酷すぎる・・・“若者ワクチン接種促進”都がアプリ開発へ│ITエンジニアの独り言 IT系フリーランス~デジタルマーケティング~社内SE(何でも屋?)~秋葉原パソコン販売員 幅広い経験を元にIT/ネット関連の話を幅広く綴ったブログです

酷すぎる・・・“若者ワクチン接種促進”都がアプリ開発へ

 

Yahoo!ニュース

東京都は若者のワクチン接種を促進するために、接種記録を読み込み、接種済みの人が店舗で割引を受けられたりするアプリを開発す…

予想通り炎上 ⇓

Yahoo!ニュース

東京都は若者のワクチン接種を促進するために、接種記録を読み込み、接種済みの人が店舗で割引を受けられたりするアプリを開発す…

 

 

・アプリがあると若者接種するの?

・100歩譲って、割引のインセンティブがあるとしても、接種会場で、【紙】の割引クーポン配れば、時間もお金もかからない。

これに限ったことではないですが、最近デジタル化(DX化)というマジックワードに乗り何でもかんでも、ITツール入れれば解決するという幻想を抱いている会社等の組織が多いなと思います。

うち、2億5000万円は、ワクチンの接種記録を読み込めるアプリの開発に充てられ、接種済みの人が店舗で割引を受けられたりする仕組みを作るとしています。

ITツールには結構な額の開発費、、、あと維持費がかかるから、他の代替手段と比較して、本当にITツール導入が有利と判断できるときだけ導入なんですけどね。

開発して終わり。アプリ開発ではそういうわけにはいきません。開発段階では問題なく動作していたアプリも、リリース後に不具合を…

 

小池都知事と広告代理店博報堂はズブズブの関係ですから。

利益供与したいんでしょう。東京都民からの血税を・・・

 

財源は税金で自分の金じゃないからどうでもいいという感覚なんでしょうね。

 

これは、単なるアプリ開発業者と広告代理店にうまく騙されて、東京都民の税金をばらまきに利用されてる、お得意のコロナ対策やったというパフォーマンスですね。

 

増え続けるコロナ新規感染者数を見て、思考停止して、もう何をしていいか分からない状態なんでしょう。

 

・・・酷すぎる知事ですね・・・