YouTubeショート収益化開始!【TikTok終わりの始まり?】

 

ケータイ Watch

 グーグルは、YouTubeにて「YouTubeショートファンド」を開始したことを発表した。…

ASCII.jp

YouTubeは「YouTube ショート ファンド」のスタートを受け、同社ブログにて「YouTubeで収益をあげる様々…

今まで、YouTube動画の収益化は、

○フォロワー1000人以上

YouTube パートナー プログラムへの参加を申請して承認されると、YouTube で収益を得ることができます。また、…

 

たかだか、1000人と思われる人も少なくないと思いますが、これがものすごく大変です。

自分の行動を思い返してみてください。

Twitterなどのフォロワーは簡単に登録しても、YouTubeのチャンネルは過去の動画も含めて面白いチャンネルだけ厳選登録していませんか?一発屋はスルーしていませんか?

チャンネル登録者が1万人もいようものなら「神」と思ってしまいます。

再生数が爆発的に増えても、このチャンネル登録者数の壁にぶつかり、収益化できない人も少なくないと思います。(推測8割以上)

 

そういう人たちにも門戸が広がったと言うことです。

さらに通常YouTube動画は長時間の動画で広告がつくという仕組みだったので、ショートムービーを作る人はほとんどいませんでした。60秒以内のショート動画も広告がつかないとしても、再生回数に応じて、収益が発生するようです。

現状、そこのニッチな場所を狙って、TikTok(中国企業)などは一定のシェアを伸ばしてきましたが、これは大打撃ではないかな、と思っています。

現状、TikTokなどは収益化の仕組みが整っていないので、TikTokクリエイターは、こぞってYouTubeに移行するかと思います。

やはり動画サイトやSNS等の成功要因はクリエイターにとって、いかに魅力的な仕組みを整えて、クリエイターをいかに集めるかと言うことです。

クリエイターが増えれば、良質なコンテンツも増え、それ目的のユーザーも増えるという好循環になります。

一瞬でオワコン化したクラブハウスは、宣伝だけを重視し、クリエイターには全くメリットのある仕組みを軽視したのが大失敗の要因でしょう。戦略の大失敗ですね。

 

それと比べれば、YouTubeショートはうまいことやったな、と思っています。

今後の動向に注目したいところです。

 

それにしても、ネットの戦国時代はスピードが速すぎ。