【商品レビュー】NEC Lavie NS PC-GN186RGAH【ノートPC】

https://www.nec-lavie.jp/products/ns/

NEC様よりLavie NSを貸与してもらいましたのでレビュー記事です。

結論を先に行ってしまうと、今まで日本大手メーカー製パソコンは過保護すぎて、値段が高すぎると先入観を持っていて触手がわきませんでしたが、NEC Direct直販限定モデルは、基本に忠実設計、かなり細かくカスタマイズができて、価格も低め。 そして、何よりも重視している

開封の儀。

他海外メーカーに比べたらまだまだ大きいとは言え、最近のNECは一時期よりもだいぶコンパクトになったんですね。

多少重みはありますが、買い物をしても電車で持って帰れるレベルですね。

国内メーカーのパソコン。勝手なイメージで読みもしない(失礼!)分厚い説明書がたっぷり何冊もあるってイメージ持っていましたが、実際は必要な事だけ凝縮して説明書(クイックリファレンス)にまとめてあるので、好感が持てます。

分厚い説明書を全部読破する人は100人のうち1人いるかどうか。

説明書を読まないでも、直感的に操作できるデザインが重要ですね。

この辺は工業デザインの分野かな、と思いますが。

本体右側面 CD/DVDドライブだけあり、シンプルな設計です。

本体左側面 必要なインターフェースは一通りそろっているようです。

速度

新しめのRyzen5 5600xと昨年春発売モデルとベンチマーク比較するのはさすがに酷なのでベンチマーク比較は控えておきます。汗

メモリー

事務作業でのみの使用なら、8GB以上。

動画編集もするなら12GB以上推奨という個人的独断と偏見。

HDD/SSD

貸与PCはHDDモデルです。と前置きをした上で・・・。

このモデルで何がいいのかというと

HDD+SSDというノートパソコンとしては珍しい組み合わせがあること。

一つ疑問。

ノートPCにHDDとSSD両方乗せるスペースあるの?

SSDってずっとこのHDDに近い形のイメージを持っていましたが↓

オンボードの物もあるんですね。↓

見た目DRAM。

予算に余裕があれば、HDD+SSDの組み合わせを強くおすすめします。

SSDは本当に早いです。

ベンチマークでやっと分かるというレベルでなく、体感的にも明らかに違いが分かるというレベルです。

ちょうど先日買ったばかりのSSDパソコンと、今回のHDDパソコンに同じ大型アップデート*があったので、その比較です。(*Windows10 21H1)

@IT

2021年春(5月ごろ)に提供予定の機能アップデート「21H1」のプレビュー版が配布された。これまでの春の機能アップデー…

CPUのパワーも違うので単純比較は出来ませんが、ある程度の目安にはなるのかなと思います。

HDDのパソコン

3時間50分

SSD のパソコン

0時間10分

HDDとSSD その差 23倍!

WindowsUpdateは完全にディスクへのアクセス速度がものを言います。

HDD,SSDの特徴

・SSDの方がHDDより圧倒的に早い

・SSDは容量あたりの単価は、HDDより3~5倍割高

・長期のデータ保存はSSDよりHDDの方が向いている

上の特徴と先日書いた記事の内容ですが、

ITエンジニアの独り言 IT系フリーランス~デジタルマーケティング~社内SE(何でも屋?)~秋葉原パソコン販売員 幅広い経験を元にIT/ネット関連の話を幅広く綴ったブログです

きっとこの判断できない情シスの人、多いと思うんですよね。 特性  ・SSD シークタイムが速い。特にランダムアクセスはH…

両方併用することを強くおすすめします。

せっかく最新のCPU搭載パソコンを買っても、アクセス速度が遅いHDDを使っていると全体的な速度はかなり落ちます。

C: SSD システムドライブ(推奨512GB)

D: HDD データ保存用ドライブ

の組み合わせがおすすめです。

デスクトップなら両方搭載モデルは少なくはないですが、ノートパソコンは、SSD or HDDのどちらか一つの選択がほとんどです。

そんな中、両方搭載モデルを選べるNECは本当にありがたい!

と思います。

INTERNET Watch

 昨今、PCの“ストレージ”(データ記憶装置)としては、従来の“HDD”ではなく、NAND型フラッシュメモリと呼ばれる大…

余談ですが、このモデル以外で、SSD+HDD両方という設定がない場合、個人使用であれば、SSD内蔵+外付けHDD。

法人使用の場合は、SSD内蔵+暗号化機能付きポータブルHDDをおすすめします。

以下のモデルはデータ暗号化機能に加え、チェーン用の穴もついているので、機密情報漏洩防止のため、ポータブルHDDにチェーンと錠を付けデスクにくくりつけるのがおすすめです。

ハードウェア暗号化でセキュリティ対策もばっちり!セキュリティ&耐衝撃ポータブルハードディスク「HDPD-SUTBシリーズ…

キーボード

スペック表からは分からないので、見落とす人も多そうですが、

NECのキーボードは絶品

の一言。

すごく人間工学?を駆使して、キーボード設計してますね。

細かいところの芸の細かさは、いかにも日本メーカーと感じます。

スペック表にはほとんど掲載されていないので、結構見落としがちですが、キーボードは縦横です。

チェックポイントは画像に記入しましたが、特に重要なのは手を置く場所の奥行きです。

ここの奥行きの広さが疲労度に直結します。

もちろん奥行きがあればあるほどいいです。

あとは文字では伝わらないところですが、キーを押したときのタッチ感覚はなかなか。

日経クロステック(xTECH)

 パソコンを選ぶときは、CPUの型番やストレージの種類、メモリー容量といった基本スペックとともに、キーボードにも注目した…

総評

買うならSSD+HDDモデルが超おすすめ。
NEC以外で2つ入ったノートパソコンはほとんどありません。
ここが売りかな、と思います。

あとは、個人的好みですが、光沢液晶よりも、アンチグレアの方がいいな・・・
といっても大手メーカー製パソコンはほとんど光沢液晶なので、無い物ねだりですが 汗





NEC様のご厚意で、以下のリンクからNEC Directのページに行くと一部モデルがクーポン割引がきいて、さらに激安で購入できるようです。
(Lavie NS以外でも)
興味のある人は確認してみてください。



NEC Direct(NECダイレクト)

以上、元パソコン接客販売&社内SE(購買担当)からのレビューでした。