【商品レビュー】ASUS(台湾メーカー) ExpertBook B9 (B9400CEA-KC0749R)【法人向けモデル】

ASUS Expert Book B9をお借りしました。

こちらは、価格的に個人向けというよりは、法人向けかな・・・内容も、一般向けというより、社内SE or 購買部門向けで書きますね。

ASUS Store

革新的なテクノロジーで、働き方を進化させる ― ASUS ExpertBook Series…

記事の説明文と若干違うところがありますが、値段も手ごろな下位モデルはこちら ↓

ASUS Store

働き方や、働く場所に制約はいらない。ジブンの欲望に従っていい。それを叶えるノートパソコンなら、パートナーにも、究極の遊び…

ASUSに限らず、法人向けモデルのレビュー記事、動画は殆ど無いんですよね。

法人向けパソコンは使っている人は多いですが、社内パソコン導入時に選ぶ人は絶対的に少人数なので、ニッチすぎて需要が少ないからでしょうね。アフィリエイト広告でも、会社導入パソコンで衝動買いで、広告見てすぐにポチる人もいないでしょうし。

買うなら、メーカーの営業、または販売代理店経由でしょうね。社内与信さえ通っていればほとんど買掛(請求書払い)できますし…。買掛(請求書払い)は大体の会社は代理店経由です。

ebisumart Media

「掛け売り」という当たり前の言葉は、人に聞きづらいという方のために、5分で理解するためのやさいい3つの事例で掛け売りを理…

法人向けモデルは着目点があまりわからない人が多いということもあると思いますが、以上の理由もあまり取り上げられない理由の一つかな、と思っています。まあ、広告収入は一切捨てているので、需要の大きさは一切気にしてないから書きますけどね。

社内SE(なんでも屋 笑) / 元パソコンショップ販売員の経験からの普通の人とは少し違う視点でレポート。(マニアック?)

いつものように忖度なしで、そのまま書きますね。もっとも忖度はしなくても、「これは人に自信を持って勧められないな」と思うものは、最初から記事化しないから、ネガティブな内容少ないですけどね。

価格を見て、高いと思う人もいるかも知れませんが、ほぼ同スペックの日本メーカー製パソコンの相場は35万円前後ですから、それを考えれば、このスペック、法人向けの割にはかなり安いのかな、と思います。

大まかに触った感想を言うと、海外メーカーは安い代わりに作りが大雑把。なところがありますが、こちらは、海外製(台湾製)で、価格を抑えながら、設計は「これ日本製か!?」と感じるほど、細かいところ、、、、、カタログでも強調されないレベルのところで、芸が細かい・・・日本人ウケするメーカーだな、、と。

と感じました。コスパがいいというか。

結構配慮細かいのに、謙虚にあまりアピールしていません。「そこ誇ってもいいところ」と感じることも、控えめなところが日本人の国民性と似ていますね。アメリカメーカーはアピールすごいですが汗

ASUSというと、家庭用ゲーミングPCのイメージが強いですが、法人向けも丁寧に作りこまれていて、品質の高さに驚きました。

(正直、私自身も、ASUSの法人向けモデルの存在を今まであまり気にも留めていませんでした。)

といったところで、「どこが?」と思うのは自然なところかと思うので、そのへんもレビューしたいと思います。

基本性能

型番B9400CEA-KC0749RカラースターブラックOSWindows 10 Pro 64ビット ※1CPUCPU名:インテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー
動作周波数 (標準/最大):インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大4.7GHz
キャッシュメモリ:インテル® スマート・キャッシュ 12MBメモリ容量標準:16GB ※2
仕様:LPDDR4X-4266表示機能ディスプレイ:14型ワイドTFTカラー液晶
表面仕様:ノングレア
解像度:1,920×1,080ドット (フルHD)
タッチパネル:非搭載
グラフィックス機能:インテル® Iris® Xe グラフィックス (CPU内蔵)
ビデオメモリ:メインメモリと共有 ※3
外部ディスプレイ出力:最大5,120×3,200ドット ※4記憶装置SSD:1TB (PCI Express 3.0 x4接続) ※5サウンドサウンド規格:ハイ・デフィニション・オーディオ準拠
スピーカー:ステレオスピーカー内蔵 (1W×2)
マイク:アレイマイク内蔵 (クアッドマイク)カメラ92万画素赤外線(IR)カメラ内蔵 ※6センサー指紋認証通信LAN:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T (RJ45) ※7
無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax ※8
Bluetooth®機能:Bluetooth® 5.1入力キーボード:86キー日本語キーボード (イルミネートキーボード)
ポインティングデバイス:マルチタッチ・タッチパッド (NumberPad)インターフェース外部ディスプレイ出力:HDMI×1
USBポート:Thunderbolt 4 (Type-C) ※9×2、USB3.2 (Type-A/Gen2)×1
カードリーダー:-
オーディオ:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1電源ACアダプターまたはリチウムポリマーバッテリー (4セル)バッテリー駆動時間約16.7時間 ※10バッテリー充電時間約2.5時間消費電力消費電力:最大約65W
エネルギー消費効率:12区分 15.8kWh/年 (AAA) ※11サイズ幅320mm×奥行き203mm×高さ14.9mm質量約1005g保証期間本体:購入日より12ヵ月間のインターナショナル保証+購入日より12ヵ月間のASUSのあんしん保証(日本国内保証・要登録)※12
バッテリーおよびACアダプター:購入日より12ヵ月間の日本国内保証主な付属品ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書、microHDMIイーサネットアダプター、専用スリーブ、ASUS 65W USB Type-C ウルトラミニ・ユニバーサルアダプターその他※1. プリインストールされているOS以外はサポート対象外となります。 
※2. 増設や交換はサポートしていません。予めご了承ください。
※3. ビデオメモリのサイズはメインメモリの容量に依存します。サイズはパソコンの動作状況により割り当てられます。
※4. 外部ディスプレイの仕様によっては表示できない場合があります。 
※5. リカバリーイメージなどに使用されるシステム領域が存在するので、上記の容量すべてがユーザー使用可能領域とはなりません。
※6. 赤外線(IR)カメラにより、Windows Hello をサポートしています。実際の推奨動作距離は、ご利用するアプリなどにより異なります。
※7. 有線LANでの接続の場合は、付属のmicroHDMIイーサネットアダプター(LANアダプター)をmicroHDMIポートへ接続してご利用ください。
※8. 5GHz帯をサポートしています。電波法により5.2/5.3GHz帯は屋内使用に限ります(5.2GHz帯高出力データ通信システムの基地局又は陸上移動中継局と通信する場合を除く)。
※9. データ転送と映像出力、本機への給電をサポートしています。すべてのデバイスの動作を保証するものではありません。
※10. バッテリー駆動時間は、JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver2.0)に基付いたものです。また、使用状況や設定などにより変動します。
※11. エネルギー消費効率とは、JIS C62623(2014)に規定する方法により測定した年間消費電力量です。達成率の表示は2022年度目標に対し、Aは達成率100%以上110%未満、AAは達成率110%以上140%未満、AAAは達成率140%以上を示します。また達成率が100%未満の場合は、達成率をそのまま%で表示しています。
※12. 破損原因を問わない無料の日本国内保証で、ご利用には製品購入後30日以内にMyASUSで製品登録を実施いただく必要があります。詳しくはASUSのあんしん保証サイト(https://asus-event.com/anshin/)をご確認ください。

無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax 

これが目につきました。IEEE802.11ax。。。wifi6 対応は珍しいです。

あとは、液晶画面が、「ノングレア」という点ですね。

この辺りは好みあると思いますが、個人的には光沢液晶よりノングレアが好みですね。

オフィスには天井に明るい蛍光灯がありますから、反射はすごく重要です。

(明るさは労働基準法か何かで決まっていたと思うので、明るいのはどの会社でも同じ)

EIZO製品情報。コンピュータモニターなどの各種映像関連 機器紹介、ビジネスソリューション、ニュース、サポート、EIZO…

こちらに掲載されているモデルとは若干違いますがここの説明がわかりやすいかな。

ASUS 日本

ASUS ExpertBook B9 B9450FAは極限まで無駄を削ぎ落とし、高い堅牢性と圧倒的なモビリティー性能を実…

こちらも似ているけど、若干違うモデルですが、結構わかりやすい動画。

やっぱりたくさんのパソコン見ている人は比較して選びたくなりますよね。。。

重さは動画より、若干増えて999g 軽いです。絶妙な数値 汗

たった1gでも、印象大きく変わりますからね。。。

経験的に電車移動で持ち運びできるサイズは、~1.3kgが目安です。

車移動ならば、1.5kgくらいまでかな。

この重さのノートパソコンはほかのメーカーにもありますが、14インチの液晶サイズでは、あまりありません。

ほとんど、モバイルパソコンは10~13インチです。14インチだとモバイル、オフィス固定利用 両方とも使えます。11インチで、オフィスでも普段使えというのはちょっと厳しいかな…。

キーピッチもかなり狭くて、キーストロークもうーん、、、というもの多いですから。

機能としては、ほぼ全部入りですね。

携帯用通信モジュールがないですが、モバイル時の通信はスマホテザリングを使えばいいだけなので、通信モジュールの有無は気にする必要はない、と思っています。

スマホテザリングの存在を知らない人が多そうな・・・キャリアとしては、あまり言いたくないというのが本音なのかな・・・

Androidスマホでテザリング接続するための方法(Wi-Fi、USB、Bluetooth)を解説します。うまくテザリン…

スマホテザリング以外でもモバイルwifiルーター使うのも便利なので、パソコン本体に携帯通信機能付いているかはあまり問題ではないなと思っています。

YouTube

▼スマサポコンサル:スマホ・インターネット環境相談サービスhttps://shop.smartlifesupport.c…

開封の儀

貸与品ということで、使用済みかな?と思っていたら、封印付きの未開封新品だったので、そこからレポートします。

ASUSの箱はどのモデルでも、ほぼ同じですね

開封すると、、、ケースと、海外用ACコンセントセット。こんなものも同梱されているんですね!

無料だからおまけ程度?と思いきや素材しっかりしてますね
パソコンケースの蓋?にあたる部分は、マグネットでしっかり閉じるようになっています。

芸が細かすぎ ここまでのおもてなし?は、日本メーカー製パソコンでも見たことないです。

通常のACアダプタと別に、モバイルに便利な小型ACもついているんですね。

きめ細かい、、、 国民性でしょうか。

がっしゃんこすると、海外専用ACアダプタの出来上がり

コンパクトACはいいですね!

重さ測定

116g

結構パソコン本体の重さばかり気にして、ACアダプタの重さ考えていない人多いんですよね。

出張にACアダプタもっていかない人は99%いないので、

本体+ACアダプタ

の総量で考えないと。。。

海外なら、+変換コンセントの重さ。

ここまでコストかけてきめ細かくしているのにアピールあまりなしはもったいないな、と思います。

パソコンケースも!

ちなみにほかの超軽量PCのACアダプタ。海外出張に行くとすると変換アダプタの重さも加えて、、、

↓成田空港出発ロビーでも売っている定番変換ACアダプタ

ウメコのもっちゃり一人旅 ~旅のあれこれを記録~

海外旅行にデジカメは当たり前。ホテルで充電しようと思って、「あ!穴がちがう。。」なんてなったらデジカメもただのお荷物にな…

284g

セットアップ画面。。会社等、ドメイン(ActiveDirectory)環境がある場合は、こちらを選んでドメイン名などを入れます。会社PCは、セッティングされて配布されること多いから、初めて見る人が多いかもそれませんね。

セットアップ中この画面が表示されたら注意。

この機種(このメーカー)に限った話ではないですが、Windows11はメーカーとして正式サポートされていないので、Windows10選択。

TPMチップ2.0が載っているから、「たぶん」Windows11動くとは思いますけどね。

でもサポート外れて、デバイスドライバー提供されないと困るので、Windows10を迷わず選択。

↑ この注意書きがないので、セットアップする方は「勢い余って、、、」とならないように要注意です。

セットアップ後のWindowsUpdateも。。。

これは勢いでアップデートする人続出でしょうね。

情シス側で対応するなら、ActibeDirectory でWSUS経由でしか、パッチを当てられないようにすることでしょうか。

ドメイン環境がなければ、ローカルポリシー変更でしょうね、

PC設定のカルマ

Windows10 でローカルグループポリシーエディターを起動する方法を紹介します。…

「WSUS(ダブルサス)」とは、「Windows Server Update Services」の略。マイクロソフト社が…

それ以外なら、グループポリシー設定ですね。ただ、グループポリシーを設定するにはWindows10 PRO導入済みでActiveDirectoryドメインに加入していることが必須です。

 メーカーさんも一言注意書きを入れたほうがいいような…

セットアップ完了。

筐体チェック

右側面

ケンジントンロック、USB3.2(TYPE-A)、マイク/ヘッドフォン端子

余談ですが、ケンジントンロック、セキュリティ高くておすすめです。

昔、社内SE(何でも屋)をやっていた時、鍵なくしたという人がいたので、プロの鍵開け屋さん何社か当たりましたが、「開けられない」 と断られましたから。

ほかにも安い盗難防止チェーンありますが、ケンジントンロックはそれほどセキュリティ高いのでお勧めです。

左側面

有線LANポート、HDMIポート、Thunderbolt 4 x 2

Thunderboltって何? という説明 ↓

マクリン

【マクリン】では、Thunderbolt4(サンダーボルト4)とはそもそもどういう接続規格なのか、USB Type-Cと…

タッチパッド

タッチパッドがでかい! 普通の1.5倍くらい 大きさがわかるように横にUSBメモリー置きましたが、、、やっぱりわかりづらいですね、、、

と思ったら、その理由↓

タッチパッド右上のテンキーの場所をタップすると10キーに代わります。

この機能知らないユーザー多そうな。。。人によっては何かと便利です。

(会社によっては経理部がみんな10キーUSB接続しているんですよね)

キーボードライト

Fn + F7 を押すと、キーボードライトが付きます。(モデルによりけり)

指紋認証

最近は

最近は、セキュリティ重視ということで、やたら顔認証がもてはやされています。

自宅なら、それでもいいですが、今はみんなマスクをしている状況。

オフィスや公共の場でのモバイル環境では顔認証は使いづらいです。

マスク関係なく使える指紋認証はすごく重要です。

スタンド

パソコンを開けると、自動的にキーボードの角度が若干上がってキーを打ちやすくなります。

ノートパソコン、普通のキーボードは、だいたい裏面にスタンドがありますが、個人的にはあれは角度がありすぎて、使いづらいと感じます。

でも、このスタンドの角度は緩めでいい感じ。

スピーカー

背面にはharman kardonと共同開発したツインスピーカーを搭載しています。

簡単に言うと

「音質最高」

法人向けパソコンでここまで音質に力を入れているモデルほかにないんじゃないかな、、、

ノートパソコンはほかの誰よりも数多く見てきたと思いますが、こんな音質いいノートパソコンでは初めて経験しました。低音が。。。マニアだけでなく、一般人にもすぐわかるレベル。

ついでにスタンドがあって、若干下に空間あるから、音がこもらなくてクリアに聞こえるというのもあると思うんですよね。

バッテリー

最近、コンセントのあるカフェ、飛行機/電車等の交通機関が増えてきたとはいえ、場所や席によりけりなど、必ずしも全てにあるわけではないですね。

コンセントのある席を求めて、ウロチョロ、、うーん。

バッテリーの持ち↓

この記事は、ACつながないで、リビングでバッテリだけでこちらのパソコンで作っていますが、本当に電池の持ちがいい! 6時間以上使ってもまだバッテリの残りこんなに。

もし、これでもバッテリーが持たなければ…

バッテリの持続時間、仮にバッテリーが持たなくても、モバイルバッテリーで充電できるか、というところも重要です。

5V駆動のパソコンはだいたいモバイルバッテリで充電できます。

モバイルバッテリーさえあれば、ACアダプターの有無を気にせず、モバイル運用できます。

こちらは5Vですから、この点、意識していないパソコンメーカー多いんですよね。

成田ーニューヨーク片道は、12-3時間なので、モバイルバッテリ一個あれば機内でずっと使えるでしょう。

まとめ

まあ、コンペとかいろいろ事情あるから、これを買いましょう! とは言えませんが、海外メーカーと先入観持たずに触るとかなり魅力的なパソコンです。

コンペするときの一つとして加えてみてもいいのかな、と感じます。

全社導入は何とも言えませんが、もし社内SEの立場なら少なくとも、自分のパソコンだけは職権でこれにするでしょうけどね。軽さと細かいところのきめ細かい設計がいいな。。。

いつものごとく!?パソコンメーカー泣かせの厳しい目でチェックしましたが、 〇

パソコン販売していた時の記憶が徐々に…

やっていることはパソコンメーカーの営業と同じですから。