オンライン商談・オンラインミーティング(会議)ソフト使用レポート【働き方改革だけでなくコロナ対策にも】│ITエンジニアの独り言

オンライン商談・オンラインミーティング(会議)ソフト使用レポート【働き方改革だけでなくコロナ対策にも】

f:id:aagi123:20200717065830j:plain

最初に、これは特定の企業の宣伝・・ステルスマーケティングの類ではなく、あくまでも実際自分で使用した個人的な感想です。

念のため。

kigyolog.com

最近、コロナ対策として脚光を浴びているオンライン商談、オンラインミーティングソフトを使う機会があったので、その使用レポートです。

ただ一部しか使っていないので、比較は出来ません。

IT系社内SEというとプログラマー、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニア、、etc、、、 どれも同じに見られがちですが、社内SEの中であっても更に職種が細分化されていて、たぶん専門外の人はあまり慣れていないと思います。

これは社内SEの中でも何でも屋?の領域に近いかと。

この職種はニッチでそれほどいないので、それぞれの会社の情報システム部門でさえも、分かる人がいないと言うことがありそうなので。。。

参考までに。

様々なソフトがあり、使用していないソフトの中にもしかしたら、もっといい物があるかもしれないので、購入前ならほとんどのソフトで無料お試しが出来るので、いくつかのソフトの中から比較するといいかもしれません。

使用したことあるのは

・ベルフェイス(CMでおなじみの)

・Zoom

Skype

の3つです。それぞれの使用レポート、社内SE(別名 IT何でも屋)が長いので、もし今も社内SEをやっていて会社から決めろと言われたら自分ならこうするかな、という事を書きます。

<ベルフェイス>

https://bell-face.com/

よくTVCMでやっているオンライン商談システムです。

特徴はシンプル。音声やりとりは電話。(もちろん通話料がかかります。)アプリインストールは不要。

ブラウザで特定のHP開いて4桁の数字を電話で相手に伝えて、その番号を入れるだけで、資料を見せながら電話で商談等出来ます。

ただ、通話料がかかるので、社内会議にはむいていません。

あくまでも対お客様用の商談ツールです。

テレビ通話も出来ます。対お客様と言うことで、一般のお客様は家では部屋着等が多いかもしれないので、自分の姿は映されたくないと思う人もいるかもしれません。

そういうことも考慮されていて映像の送受信は出来ないような設定で音声のみ。資料だけ相手と共有できる機能もあります。

映像設定をどうするかは、ケースバイケースでしょうね。

映像機能を使うかどうかはケースバイケース。営業、販売スタンス次第で運用を決めればいいと思います。

<Zoom>

https://us04web.zoom.us/

言わずと知れたオンラインミーティングソフトです。

電話は使わないので、通話料無料。

ただし最初にアプリインストール必要です。

ヘッドセットはパソコンの環境次第(スピーカとマイクの位置)

では不要になるときもあります。

ちなみに5年前に買ったデルのノートPCでは不要だったので、ノートPCでは他のメーカー製パソコンでも不要のこと多いかもしれません。

ヘッドセットをすると女性の場合、髪が崩れるという声も聞くので、盲点ですが、この辺も運用を考慮する必要があるかもしれませんね。

ブラウザを使用せずセキュリティはブラウザと仕組みが違うので、中国などではネット監視網はられているようですが、その網にも引っかからないです。ただし、セキュリティは回避できても中国ではそもそも利用できないようにされているかもしれませんね。

この部分は未調査なので分かりません。

一時期ニュース等で問題になったZoom自体のセキュリティ問題も、今はほぼ対策されていて個人的にはそれほど気にする必要ない状態になったと感じます。

www.itmedia.co.jp

www.kccs.co.jp

japan.cnet.com

www.itmedia.co.jp


一部エンドツーエンドの対策だけは7/17現在、未解決となっていますが、Zoom社も手をこまねいているわけではなく、セキュリティ専門企業を買収し終わって、近日中にZoomにエンドツーエンドのセキュリティを実装するようなので、セキュリティ問題は大丈夫でしょう。

エンドツーエンドのセキュリティが実装されたら重要な文書のやりとりはメールよりもZoomのチャット機能で送った方がよりセキュリティ高いかもしれませんね。

*エンドツーエンドのセキュリティ

仮にZoom社で悪意を持った人が内部にいたとすると内容を閲覧しようとすれば出来てしまう。エンドツーエンドのセキュリティが実装されるとZoom社の人でさえも中身は見られなくなる。

似たようなソフトでGoogle meetsやMicrosoft Team?などもあるようですが、使ったことがないので省略 使ってないソフトは適当なこと書けないので。

<Skype>

https://www.skype.com/ja/

グループ通話機能は使ったことがありませんが、Skype Out機能を使って格安で通常の電話網とも話せるのが特徴です。

Skype for businessは、Microsoft teamsに統合されたようです。

よく分からないので、各自調べてみてください。

まとめ

で、、、自分ならどうするか?

しつこいようですが、広告依頼一切受けてないですし、個人的意見です。

2つ使い分けます。

社内ミーティング、いつもの得意先とのミーティング

Zoom

B2Cや、B2Bであってもこの手のソフトに使い慣れていない取引先等

ベルフェイス

事前にインストールをする事はそれほどパソコンに詳しくない人にとっては鬼門になるかもしれません。

そのためインストール不要でシンプルなこちらをお客様との商談専用にします。

ちなみに社内SEはこういう比較、全社導入もあったりします。IT何でも屋なので。

こういうことが楽しいという人は社内SEは天職。楽しい仕事と思えるかもしれません。

泥臭いと感じる人はむいていません。

「ぽちっと」
投票お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

読者登録をすると新着記事、メール通知が届きます。
ITエンジニアの独り言 - にほんブログ村

amazon DX EC Google GoToイート InternetExplorer iPhone IT全般 PlayStation SEO SNS Webサービス WordPress Yahoo! YouTube アーカイブ アクセスアップ アフィリエイト インターネット広告 オンライン会議 お知らせ ゲーム コンサル スマホ デジタルマーケティング デリバリー テレワーク パソコン ブログ ブロックチェーン マイナンバー メール 人件費 就職 新型コロナウイルス 社内SE 著作権 行政 開発 雑誌